バンパー修理する前に揃えておきたい工具について

壊れてしまった家電製品や家具などを、自分の手で修理するという人は意外と多くいるものです。これは車についても同様で、日々のメンテナンスからパーツの交換、破損箇所の修理を自分でしてしまうという人も多くいます。車のボディやバンパーなど、外装部分に出来てしまった傷や凹みなどは、プロの板金修理業者にお願いする他に、市販の材料で直す事が可能です。もちろん仕上がりはプロの修理に軍配が上がりますが、ある程度傷を目立たなくする程度であれば、自力でも十分に対応することができます。プロにお願いすると、たしかに仕上がりは綺麗になりますが、当然お金がかかってしまいます。しかし、自分で修理すれば材料費だけで済みますし、納得のいくまでじっくり取り掛かることが出来るというメリットがあります。

バンパー修理をするにあたって用意しておきたいもの

車の板金修理やバンパー修理をする際には、まず補修に必要な材料、あるいは道具を用意しなければなりません。ホームセンターなどでカー用品コーナーを探せば、様々な補修キットを手に入れる事ができますし、欲しいものが予め決まっているならインターネット通販を利用するという手段もあります。補修の工程や手順は、傷の程度や補修する箇所によって変わってきますので、事前によく調べておくと、いざ作業を始めてから慌てずに済みます。基本的には傷の箇所を綺麗に掃除する、傷を埋める、塗装をするという手順になりますが、傷の深さや範囲によっては、使用するパテなどの補修材も吟味しなくてはなりません。また、パテや塗料の密着性を高めるために、専用の洗浄剤を使用して掃除しておくというのも有効な方法です。

材料や道具が足りないと上手く修理できません

作業を始める前に、まず何がどのくらい必要になるかをよく吟味しておくことが大切です。多く用意しすぎて、材料が余ってしまうというのも問題ですが、作業中に必要な物が足りなくなるというのも厄介なものです。材料によってはある程度の期間保管できる物もあるので、余ってしまったら今後また使用するという事も可能です。パテや塗料は、途中で足りなくなると作業が進まなくなりますし、ケチって少ない量で使用してしまうと仕上がりにも大きく影響してしまいます。また、基本的な材料の他に、汚れた所を拭き取るウェスや塗料などが他の場所に付着しないようにマスキングテープなども用意しておくと安心です。特にスプレーを使って塗装をする時には、思った以上に塗料が飛び散るので、周囲を汚さないように配慮しておくことも肝心です。