バンパー修理が簡単にできるおすすめの方法

車のボディやバンパーにできてしまった傷や凹みは、例え小さなものでも気になってしまうものです。自分の不注意で車をぶつけてしまい、こうした傷などが出来ることもあれば、飛び石などの不可抗力が原因になることもあります。目立たない箇所であれば、すぐに修理する必要もありませんが、目につきやすい箇所であれば、出来るだけ早めに修理してしまいたいものです。しかし、走行に影響がないのに、わざわざ修理工場やディーラーに持ち込むのも面倒ですし、何よりお金もかかってしまいます。こうした傷は、思い切って自分で修理してしまうというのも選択肢の一つです。バンパーに大きな亀裂が出来ていたり、完全に割れてしまっている様な状態では自分で修理することは難しいですが、比較的小さな傷であれば、自力でも十分修理することが可能です。

バンパー修理には特別な技術はそれほど必要ありません

バンパー修理に限らず、車の板金修理というとプロにしか出来ないものというイメージがあります。もちろん新車同様の修理をするのであれば、プロの業者に任せるのが一番ですが、とりあえず傷が目立たなくする程度の修理であれば、素人でもなんとか出来るものです。板金修理というと、特殊な材料や本格的な道具が必要に思われがちですが、ほとんどの場合ホームセンターやカー用品ショップで売られている補修材で対応することが可能です。特に浅い傷などであれば、剥がれた塗料をタッチアップするだけでもほとんど目立たなく出来ますし、傷をコンパウンドで磨くだけでも消せる場合もあります。塗料も扱いが簡単なペンタイプや刷毛が付属している物もあるので、洗車や日常のメンテナンスの合間に修理をすることが出来ます。

比較的大きな傷でも自分で修理できます

バンパーやボディに広い範囲で出来てしまった傷や、比較的深い凹みになると、塗料を塗ったりコンパウンドで磨くだけでは修理することは出来ません。こうした時には市販されている板金用のパテで傷や凹みを埋める必要があります。パテにも様々な種類のものがありますが、どれもそれほど扱いは難しくありませんし、ヘラやビニール手袋、マスキングテープやサンドペーパーが付属している商品もあるので、道具を沢山用意しなくてもすぐに作業を始めることが出来ます。より仕上がりを綺麗にするのであれば、ボディの汚れや油脂分を取るための薬剤や、上塗り用のクリアー塗料などを用意しておくと安心です。また、作業をする際にはボディの他の部分や周辺を汚してしまう事もあるので、古新聞や養生シートも用意しておくと万全です。